ミノキシジルタブレットの正しい飲み方

AGAは男性型脱毛症と言い、進行性の脱毛症です

AGAは男性型脱毛症と言い、進行性の脱毛症です | ミノキシジルタブレットは5mgと10mgのものがあり、塗布薬に比べると効果が高い | 一度やめてしまうと効果もストップしてしまう

AGAは男性型脱毛症と言い、進行性の脱毛症です。
早い人では20代から始まりますが、初期の段階では抜け毛が増えたという認識のみで終わっていることが多く、知らない間に徐々に薄毛が進行しています。
40代になり気が付いた時には登頂部分の地肌が見える、前髪が後退した、などの症状が現れ、早期に治療をしないとさらに進行してしまいます。
AGAには飲み薬や塗布剤などを使用した治療方法があります。
一般的に使用するのが塗布剤であるミノキシジルと、経口薬であるフィンペシアがありますが、近年注目されているものにミノキシジルタブレットがあります。
ミノキシジルタブレットは経口タイプの治療薬であり、ファイザー社が開発したロニテンと呼ばれる薬のジェネリック医薬品です。
タブレットには有効成分にミノキシジルが含まれており、服用することによって血管拡張作用が期待でき、血流が頭皮の隅々まで流れるので栄養がいきわたりやすくなり、発毛を促すことが可能になっています。
なお塗布薬のミノキシジルは育毛剤として厚生労働省から認可されていますが、飲み薬の方はまだ認可されていません。
そのためミノキシジルタブレットは現在、日本において未認可となっており、しっかりと副作用と使用方法を伝えることによって処方することが認められています。